ウォーターサーバーの使用感を知る

ウォーターサーバーを使うとなると、毎月どのくらいのお金がかかるのかという点がまず気になるかと思います。 そして、そのお金をかけるのに値するだけのモノなのかどうかも、これまで導入をしたことがない人にとっては未知数のところだと思います。 まずはウォーターサーバーの使用感を知るために、かかるお金とどういった手間がかかるのかを知っておきましょう。

ウォーターサーバーごとの電気代

ウォーターサーバーというと常に水を冷たくことになりますから、そのための電気代が必要になります。 しかし、ウォーターサーバーのものによっても、必要になってくる電気代にはかなり幅があります。 平均的には、ウォーターサーバー一台あたりで月に1000円程度の電気代が必要になると考えておけば良いでしょう。 中には、一か月で300円程度というくらいの安い電気代しかかからないウォーターサーバーもあります。 まずは、自分が導入をしようと思っているウォーターサーバーがどれに当たるのかを知るようにしましょう。 ですが、一か月に1000円といっても、一日あたりに分割してみるとどのくらいなのかよくわかってきます。 1000円を一日で考えると、だいたい33円ほどになりますが、これが果たして高いのか安いのかを検討するのがよいでしょう。 エアコンを例えば一時間つけっぱなしにした場合、かかる電気代がおよそ30円程度です。 エアコン一時間とウォーターサーバー一日分が同じくらいの電気代と考えると、かなりお得なようにも思えてきますね。

ウォーターサーバーにかかる水の料金

ウォーターサーバーを活用するためには、そこに常に水を補充しておかなければなりません。 ウォーターサーバーで使用するための水は、1リットルあたりで100円から120円くらいというのが相場になっています。 ですが、スーパーなどを見てみると、普通にミネラルウォーターがペットボトルで売られていますが、これは2リットルで100円程度という値段です。 つまり、ウォーターサーバーで使われる水の料金と比較すると、実に倍近くの値段がすると言うことになります。 ウォーターサーバーに使う水の料金は、かなり割高といえるかと思います。

水の安全性

日本の水道水は安全ということで評価が高く、そのまま飲んでも細菌でお腹を壊してしまうというようなことはありません。 ところがウォーターサーバーの水の場合、扱い方に少し注意が必要になります。 ボトルのお水の場合、残量が少なくなってくると、その水が空気に触れることになるので、その中に細菌が繁殖する可能性が出てきます。 ウォーターサーバーの残量が少なくなった水を放置していると、その水を飲んだときの健康被害も懸念されます。 この場合、パックタイプのウォーターサーバーを選ぶことで、安全性の問題は回避できると思います。 パックタイプのものは水が空気に触れることがないので、最近が繁殖してしまうというようなことはありません。 また、普段からそこまで頻繁にウォーターサーバーを使わないという人も、パックに入っているタイプのものが使いやすいかと思います。

ウォーターサーバーを使うことの利点

食品に対する安全性に注目が集まる中で、常に身近なところに安全な水があるということの安心はかなり大きな意味があるといえるでしょう。 ウォーターサーバーの水に細菌が繁殖するのは長く放置してしまった場合の話で、あくまでウォーターサーバーのボトルは密封された状態で届くので、常に新鮮で安全性が高い水を入手することができます。 替えのボトルを家に備蓄しておくことでも、いざというときのための備えとして準備をしておくことができます。 ペットボトルの水を買ってきて運ぶという苦労や手間をかけなくても、ボトルを運んできてもらえますので、楽に安全な水を飲むことができます。 ボタン一つだけで冷水を飲むこともできますし、お湯を出すこともできますので逐一お湯を沸かしたりという面倒をする必要もなくなります。

ウォーターサーバーを料理に使う

ウォーターサーバーのお水は、飲むために使う以外にもいろいろと活用する方法があります。 例えば新鮮な水を料理に使うことで、スープや煮物などがよりおいしく仕上がるというメリットもあります。 また子育てをされている家庭では、赤ちゃんのミルクを溶かす水としても使うことができます。 ミルクを溶かすための水は、70度くらいが適温とされていますので、お湯と冷水を混ぜてその温度に近づけながら使うということが可能になります。

安全と便利さを購入する

ウォーターサーバーを利用するためには電気代がかかりますし、水を常に用意しなければならないという点はあります。 しかし、そういった点をクリアすることで、常に綺麗で安全な水を自分の家の中においておけるという大きなメリットを手にすることができるといえるでしょう。 ウォーターサーバーを置くことのメリットと、そこに生まれるデメリットの両方をじっくりと検討しましょう。